上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

GWだ! ヘッドホーンアンプ基板組立!ww

4月の中旬に秋葉原へ電子パーツを購入しに行き、ネットでもパーツをポチリ保留中だったAMP作りをスタート!

AMP製作のはじまり → こちら
秋葉原へ部品購入  → 
こちら
ネットで部材購入  → 
こちら

今回は、秋葉原で購入してきた Linkman LHPA-DIA BUUFFER-KITの組立です!
 Linkman ⇒ こちら

基板と大き目の酸化金属皮膜抵抗のハンダからスタート!ww 
通常の抵抗より大きいのでハンダがらくです!

ヘッドホーンアンプ基板組立 IMG_0408 (640x480)

後、カーボン抵抗と音響用カーボン抵抗のハンダです。 こちらは、通常サイズ
足を曲げるなど前加工をしながら サクサクとハンダをします!

ヘッドホーンアンプ基板組立 IMG_0409 (640x480)  

抵抗のハンダが終了したら、お次は、定電流ダイオードや、トランジスタのハンダです!
これらの部品は、方向があるんで、老眼爺のマロには、チョッピリきつい作業! Orz...

ヘッドホーンアンプ基板組立 IMG_0411 (640x480) 
ヘッドホーンアンプ基板組立 IMG_0416 (640x480)

何とか終了!! 昔は、こんなの余裕のよっちゃんでしたが・・・チョットキツイお年頃に!ww
っで、老眼爺の最終ミッション!  イジメ部品を半田します!
チップコンデンサーです!  チップ! チップです!! 
マットの正方形のマスが1cmです チップの大きさが 鬼ですよね!ww
現在このチップ部品より小さいチップ部品が、汎用になっている時代なんです!
小型化もいいですが、小さすぎて部品交換なんてできないので、最近の家電修理は、基板交換で割高となっているのです!

ヘッドホーンアンプ基板組立 IMG_0414 (640x480)

何とか、ミッションクリアです! お次は、電解コンデンサーやフィルコンのハンダです!

ヘッドホーンアンプ基板組立 IMG_0418 (640x480)

部品が大きいのでチャチャットすませて 終了!

ヘッドホーンアンプ基板組立 IMG_0419 (640x480)

後は、お掃除をして・・・ 終了です!

ヘッドホーンアンプ基板組立 IMG_0420 (640x480)

さて、次回は、各基板と接続して、ケースに穴あけか・・・っと思ったら!
この基板、もう1枚あったんだ!ww しかも、ケースもまだ買ってない!!ww 
また、近日 半田だなぁ~・・・ ケースは、明日でも買いに行くか・・・

ボケすぎな マロ爺でした  Orz....


スポンサーサイト
  1. カスタム
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

自作AMPを作ろうかなぁ~

平日の夕刻・・・爺は、秋葉原にいた!ww
表題の通り、自作AMPの部品を調達しに!! 
早速 秋月電子通商店内を徘徊する!ww

AMP部材購入 IMG_0264 (640x480) 

店内は、男 男 男!! おばちゃん!ww サラリーマンで超混雑!
仕事帰りに、趣味の電材探し!ww お仲間だらけの店内!
今日は、なんとなく必要であろう・・・部品の調達です! よって、端子類がメイン!

AMP部材購入 IMG_0266 (640x480) 
AMP部材購入 IMG_0267 (640x480) 

秋月で、チャチャッと端子類のお買い物を済ませて、お次は、マルツパーツで、メインパーツを購入

AMP部材購入 IMG_0268 (640x480)

購入してきた物は、こちら  じゃーん!!

AMP部材購入 IMG_0274 (640x480)

今回の自作AMPは、1から設計して組み上げるのではなく、メイン基板はKITを利用して作ろうかと・・・
とにかく、楽だし、時間がかからない!w  そのメイン基板は、Linkman LHPA-DIA BUFFER-KIT
詳しくは ⇒ こちら

AMP部材購入 IMG_0276 (640x480)

基板は、こんな感じです! 

AMP部材購入 IMG_0275 (640x480)

このメイン基板は、ヘッドホーン用のAMPなので、この他に、TONEコントローラーや、スピーカーにつなげる
AMPなども、購入! それらは、大阪のネットショップでポチっとな!

AMP部材購入 IMG_0288 (640x480)

これで、コアな部材は、揃ったので、電源回路や、電源スイッチなどをどのように取付けるか?
いろいろ考えて、ケースを選び 自作開始です! 

ヘッドホーンAMPとトーンコントローラーは、一体化して、バイクのヘッドシステムに取付できるようにしようかと。
(つまり、家庭用電源とバイク用電源と両方使えるように設計しなくては!)
現在のバイクに搭載しているAMP ⇒ こちら


そして、スピーカー用のAMPは、家庭用電源 オンリーで! 携帯や、小型プレーヤーの再生用に使おうかなあ~。
ミニミニコンポを作っちゃえ!!ww

いろいろ考えている時が、1番楽しい時間だったりもします!

 
( *´艸`) うけけけけけ!ww


  1. カスタム
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

ヘルメット用スピーカーシステムをつくるの巻

マロは、頭がデカすぎる為 ヘルメットは、2個しかない!ww(現在)

1号は、Arai Ram3
2号は、SHOEI J-Cruise

希望は、Ram4だったのですが、ビックフェイス & ビックヘッドサイズの設定が消えた為 


J-Cruiseに・・・(ノД`)・゜・。

今まで 勿論 カラフルなヘルメットを購入した事もなければ、ハンボウすらかぶった事が無い!

ハンボウは、頭上に、のせた事はある!!(かぶれないから!ww)

購入できるメットは、単色のヘルメットのみ! Orz... XXXLの設定を各社用意しろ!ww ある意味いじめだぞ!!

っま、マロのヘルメットの話はこれくらいで。。。本題へ・・・

今まで、AraiのRam3は、B+COMで、無線機、携帯、ナビ、音楽、レーダー探知機と接続をしていました。

そして、現在の SHOEI J-Cruiseは、上記同様に使っているのですが、+@ 有線接続も可能にしています。
これは、インカムのバッテリーが切れた場合 有線接続する事で問題なく運営できるというもの!
しかも、Bluetooth接続と違い 音がスコブル良い!ww

マロMAX電装 詳しくは ⇒ こちら

そんな訳で、1号機にも、有線接続を追加加工しようかと・・・
本当ならば、けいそくせいぎょさんにお願いするのですが、メインヘルメットじゃないし・・・
諭吉数枚の投資を旧モデルにしても・・・ってな訳で自作ミッションスタートです!

先ずは、ヘッドホーンをどうするか??? 配線などは・・・⇒ こちら

B+COMのヘッドホーンをそのまま使うか、別のヘッドホーンを購入するか???
答えは、別のヘッドホーンを使う事に!ww
やはり、各音響メーカーのヘッドホーンの方がインカムメーカーのヘッドホーンより優れてるかな的な!

選んだヘッドホーンは、オーディオテクニカ製 ATH-S500
っま! 部屋に転がっていたヘッドホーンです! 2462円〜5000円弱! 現行品です

基本仕様

密閉型 ヘルメットに使うので丁度良い

周波数特性 8Hz~26KHz 人間の耳で聞こえる 20Hz~20KHzをカバーしている

音圧感度 104db なかなか良い音圧

インピーダンス 48Ω 

ドライバー口径 40mm ヘルメットに収めるにはちょうど良い大きさ!

そんな訳で、2個あるヘッドホーンの1号機を壊すことに!ww

IMG_9325 (640x480)

ん・・・使える物を壊すのって勇気がいります!ww

IMG_9286 (640x480)

早速、スピーカー部をチェック! 40mmじゃなかったけ??? こんなデカイスピーカーヘルメットに入らないよ!

IMG_9289 (640x480)  

裏から計測すると・・・42mmこの黒い部分が、スピーカーのコア部のようです。
しかし、完璧に接着されています 困った!! Orz...
この周りをうまく削り落とさなければ・・・リューターだと時間がかかりそうだし・・・削りカスも相当でそうだし・・・

IMG_9290 (640x480)

って事で、今回は、超音波カッターの登場です! コイツなら、サクサクできそうです!
超音波カッターは、毎秒 40000回の高速振動でプラスチックなど、カッターで切れる物なら何でもカット出来ちゃう
電動カッターのような物です! 通常は、プラモデルの加工に使うのですが、マロ爺は、チョット違うらしい!ww

IMG_9656 (640x480)

さてさて、いらない紙を用意して作業スタートです。
工作用マットは、一瞬で切れてしまうのでいらない雑誌が1番良いかもです!

IMG_9648 (640x480)  

サクサク カット! 円形のままカットもできちゃいます!

IMG_9651 (640x480) 

片側終了!

IMG_9652 (640x480)

ついでに、プラ版も円形にカット!

IMG_9654 (640x480) 

配線の加工もやっちゃいます! 半田して、電気ボンドで絶縁して収縮チューブです!

IMG_9658 (640x480) 
IMG_9665 (640x480) 
IMG_9661 (640x480) 

ボンドが乾く間 USBコードや、DIN5Pコネクターの加工をします!

IMG_9666 (640x480) 
IMG_9734 (640x480) 

そして、数週間後・・・チキンライダーさんから電話が!!

チキン)マロさん!! わしのヘルメットも同じ加工して!!
マロ)まだ、つくり途中なんだけど・・・
チキン)そこを何とか!!
マロ)まだ実験途中だけどいいの?
チキン)いいよ! マロさんなら失敗ないでしょ!!
マロ)・・・・Orz...

そんな訳で、マロのヘルメットの作業は、次回となり、チキンライダーさんのヘルメット加工に変更!
(加工済みのヘッドホーンは、新品を買ってくれるとの事で・・・Orz...)
加工済みのヘッドホーンをチキンライダーさんのメットに移植する事に・・・
サイズは、問題なし! 両面テープで固定!

IMG_9733 (640x480) 

マイクは、秋葉原で売っている 100円のカプセルコンデンサーマイクを使う予定でいましたが、チキンライダーさん
KTELの高級マイク持参!!

IMG_9723 (640x480)

ヘルメットのインナーに固定具を取付けて・・・

IMG_9730 (640x480) 
IMG_9729 (640x480)

マイクも半田して固定具にセットして完了!

IMG_9726 (640x480)

問題なく 動作して完了!!  そして・・・完成の写真を撮り忘れたマロ爺であった! (・ω・)ノ

結局チキンライダーさんは、14580円で完成しました。
KTELのマイクではなく、カプセルマイクを使うと 3888円で出来上がります。
KTELのKIT HM3055KTでつくると、25618円でつくれることが分かりました。
ショップにお願いすると、40000円くらいするので、予備メットは、自作決定だな!

やっぱり 自作は、安く作れて最高だ!

そして・・・バビ爺さんも自作にめざめた模様!! 無線機のアングル作成ついでにヘルメットまで!!

詳しくは ⇒ 
こちら

ところで・・・マロ爺!! 自分のヘルメットは・・・・??? まだ先のようです! Orz... 

  1. カスタム
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

TMAX無線機用アンプ修理完了

3月25日(土)けいそくせいぎょに行っていた。
理由は、TMAX用無線機のボリューム交換修理が終わったとの連絡があったからだ。

数ヵ月ぶりにご対面!

DSC07997 (640x427)

さてさて、交換してもらったVRをチェック!
ガリっていたVRは、1ヶ所だけだったが・・・3個交換されてるぞ! ムフフ (・ω・)ノ

DSC08003 (640x427) 

交換前は・・・青色のVRがついていました。
あれ? コンパチのVRではなく、代替のVRらしく・・・VRを固定するナットが、外側からのみになってる・・・
以前は、内側と外側からの固定だったのに・・・っま、いいか!
品番もチェックすると・・・50KΩで全て Bカーブになってるぞ!
オーディオは、Aカーブが主流なんだが・・・大丈夫か???
VRは、大陸製から、ALPS電気の日本製に変わっていて良いのだが・・・

VR交換前の内部

IMG_9452 (640x480)    
チョッピリ AカーブとBカーブが心配だなぁ~ 大丈夫かなぁ~・・・ ボリュームは、カーブが3種類ありまして・・・
Aカーブ 対数変化 (最初はゆっくり変化する)オーディオ用
Bカーブ 比例変化
Cカーブ 対数変化 (最初に急激に変化する)汎用品ではない

TMAXアンプ修理完了08
っま、TMAXに接続すればわかる事だし、メインVRは、別に車両側にAカーブのVRがついているから問題ないかな?!?
さてさて、今回内部をあけたのは、VRが交換されているか?チェックするだけではなく、本当の理由はこれなんです!
結束バンド3本とネジロック!

DSC08006 (640x427)

結束バンドをAMPから出ている コード全てに内側からロックする為です!
コードに応力がかかった場合、最終的に半田面に力がかかり、断線する事を防ぐ為です。
これは、以前OPMさんのユニットが断線して故障したのをみたので、補強対策です! 
詳しくは ⇒ こちら

DSC08008 (640x427)

そして・・・ネジロックは、VRのナット緩み防止の為! バイクに搭載するので、振動で外れないように!

DSC08010 (640x427) 

最後にVRのツマミを揃えて固定します!

DSC08012 (640x427)

あとは、ネジロックが乾くのを待ってTMAXに搭載するだけだ!!
そして、今回は、けいそくせいぎょで、こんなカプラを200円で買ってきました!

DSC08013 (640x427)

このカプラは、今回修理してもらったAMPのカプラです! 6P(オーディオ信号用)と2P(電源用)です。

DSC08014 (640x427)

何でこんなカプラーを分けてもらったかといいますと・・・マロ爺版 AMPオーディオコントローラーを自作しようかと!w
既存のカプラが違うと接続が出来なくなってしまうので・・・ある時は、けいそくAMP またある時は、マロAMPで!
っと思いまして!ww

自作AMPは、ケースをアルミケースにして・・・チョッピリかっこよくして!ww タカチ MB-11S 470円

TMAXアンプ修理完了02 (640x379)

メインのアンプは、Linkman LV2-HPAM-KIT 3480円

TMAXアンプ修理完了01 (640x381)
トーンコントローラーは、けいそくせいぎょは、LM1036を使っていたので、マロは、TA7630Pを!!
トーンコントローラーICは、音量、左右バランス、高音、低音をコントロールする半導体です。
メーカーや仕様により、音質が変わりおもしろいです!


LM1036とは、National Semiconductor社製又は、Texas instrument社製のトーンコントロールICです。
詳細 ⇒ ここ
TA7630Pとは、TOSHIBA社製のトーンコントロールICです。
詳細 ⇒ ここ

写真の通り 個々の半導体メーカーのトーンコントロールICをマウントしたKITが販売されているので便利です!
価格も、980円〜2000円弱と安! 
詳しくは ⇒ ここ

TMAXアンプ修理完了09TMAXアンプ修理完了04 (598x550)


ドライバートランスは、山水のST-71などをつかって・・・1個 540円程 これは・・・ 2個必要!

TMAXアンプ修理完了05 (342x237)

後は、オーディオ用の電解コンデンサーに交換して・・・ 全部で600円くらいかな??

TMAXアンプ修理完了07 (640x458)  

アルミケース   470円
コンデンサー   600円
トランス     1080円
コントロール基板 1680円
メイン基板    3480円
その他      1000円
---------------------------------------
   合計  8310円 

8310円で、マロ爺オリジナル トーンコントロールアンプがつくれそうです!
さてさて・・・・いつから工作するかなぁ~・・・ ( *´艸`)



  1. カスタム
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

VX-8D無線機ホルダーをつくるの巻

昨年末頃、バビ爺さんが、おらwwハンディー無線機購入しようかなっと思っているのじゃが・・・
っと、話してきた!

マロ)何じゃと!ww  インテグラにしっかりとした バイク用無線機を搭載しているじゃないか!何でまた!!

バビ爺)いや、あれは、あれで・・・インテグラ号を修理している時など・・・乗れない時にハニー号にも無線をマウント
    していれば、問題なく皆さんとツーリングに行けるじゃない! ようするに予備ですよ! 予備!!


マロ)ほぉ~確かに便利じゃ!! ついでにハニーが、無線の免許を取得すれば、インカムではなく、無線で通信できる
   から便利だもんね! インカムは、1Km程だが、無線なら、10数キロ離れていても通信できるしね!


バビ爺)むふふふ・・・マロさんも買うの???・・・・

マロ)わしも、そのうち 購入する予定じゃ!! 

なんて話をして、2月には、
ハニー号に無線の電源工事とフィルターを設置して、無線機本体も購入済みのバビ爺!!
残りは、無線機を設置するアングル(ステー)をどのようにするかが問題であった。

バビ爺)っで、マロさん 無線機のアングルどうしましょう??

マロ)携帯など固定するアングルは、多種売っているが、無線機を固定するアングルは、売ってないなぁ~
   しかも、携帯用アングルで固定できたとしても、充電ケーブルが挿せなくなるし・・・無線機の脇はボタンだらけ
   アングルで固定できても ボタンを押してしまいそうだし・・・困ったね・・・
   なら、アクリル板でつくっちゃうかぁ!


バビ爺)おお!それでいこう!! 

そんな訳で無線機を預かり ステーをつくる事に!

さてさて・・・無線機を眺めて どんなアングルをつくればよいか・・・

IMG_9841 (640x480)

裏側は・・・

IMG_9842 (640x480)

両サイドは・・・ 何気にフラットじゃない・・・こりゃ どんなアングルをつくれば・・・・???

IMG_9843 (640x480) 
IMG_9844 (640x480)

この不思議な形からアングルをつくるには・・・この部分を使うしかないか???
このスリットの部分を使うしかないかなぁ~・・・

IMG_9850 (640x480)

深さと、長さを測ってみましょう・・・ 深さ 1.86mm 長さ 22mm

IMG_9853 (640x480) 
IMG_9852 (640x480)
   
チョット 長さと、深さが微妙ですが・・・ アルミをカットして確認してみます!

IMG_9830 (480x640)

やはり、強度がでない!

IMG_9849 (640x480) 

スリットの部分も使えないし、形も微妙だし・・・う~困った (ノД`)・゜・。 
再度無線機を眺めながら、作戦を考えてみると・・・
お! この穴は??? ここを使えば何とかなるかも!!

IMG_9855 (640x480)

早速、穴の開いているパーツ(バッテリー本体)を外してみると・・・
内側に凹凸もなく、ネジの頭が収納出来そうです  こりゃいけるかも!!

IMG_9856 (640x480)

ネジを裏側からセットしてみると BINGO!! ネジの先端が出てきています!
これでフックを取付できれば、どんな加工もできそうです!

IMG_9860 (640x480)

早速 1cm角のアクリルをカットしてドリルで穴あけをしてみます

IMG_9861 (640x480)  
IMG_9862 (640x480)

穴あけ後は、ネジ穴を加工します

IMG_9863 (640x480)

ジョリジョリ!

IMG_9864 (640x480)

完成!! 

IMG_9865 (640x480)

無線機にセットしてみましょう!! よっしゃー!ww しっかりと固定できました

IMG_9869 (640x480)

固定が出来たので、アングルと連結する 縦穴をあける線をマジックでカキカキ! ( ..)φメモメモ
そして穴をあけて、上記同様にタップでジョリジョリ!

IMG_9871 (640x480) 

じゃーん!! 連結できました! ここまで出来たら ほぼ完成!ww

IMG_9874 (640x480)

ベースとなる メイン部をつくる事に!

IMG_9876 (640x480) 

今回は、ルーターを使わないで、超音波カッターとアクリルカッターでサクサク加工します!

IMG_9878 (640x480) 
IMG_9887 (640x480)

カット後は、ヤスリで研磨!

IMG_9890 (640x480) 
IMG_9891 (640x480)

一気に必要パーツが出来上がりました! ( *´艸`)

IMG_9893 (640x480)

組立開始!

IMG_9898 (640x480) 
IMG_9904 (640x480)

出来上がり!!

IMG_9906 (480x640)

残りの加工は、バビ爺さんが、ネットでポチる部材が届いてからです!

そして・・・部材が届いたとの事で、バビ邸で最終組立! (写真バビ爺ブログより)

無線機ホルダー02 
無線機ホルダー01 

詳しくは ⇒ バビ爺さんブログ

当日、バビ爺さんも無線機ステー2号機をつくったので、どちらをハニー号に設置するかは、謎ですが、アクリル加工の
楽しさにバビ爺さんめざめた模様!ww

ボケ防止にイロイロつくってみましょうね!ww マロ爺も参加するので!! 


これで、ミッションクリア!! 取付た写真を見てみたいですね~・・・

  1. カスタム
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

眉毛LED再購入そして前加工の巻

ある日バビロニア爺さんから電話が・・・
バイクのりかえするんだけど・・・

マロ)え? 銀翼から インテグラにのりかえたじゃない!!

バビ爺)いやいや 今回は、ハニー号なんだよね!!

マロ)あら、奥さんものりかえですか!っで、車両は??

バビ爺)銀翼・・・・

マロ)え? スカブから 銀翼ですか!ww

バビ爺)っで、電装一式改造をお願いしたいんだけど・・・

マロ)問題ないよ~・・・っで、一式の内容は???

バビ爺)基本 スカブの電装移設で!!

マロ)OK!! グリヒ、電圧計、HID、ETC,USB,ライセンスLEDかな? っで、今回は、ハニーのお願いを実行するんだよね!!

バビ爺)え?!? お願い?

マロ)眉毛LEDつけたがっていたじゃない! 

バビ爺)あ! あれね! いいよ!! つけないで!!

マロ)またまた 自分の銀翼にはつけていたのに・・・ハニー号にはつけないの?? ダメじゃん!!
   つけないなら 作業したくないなぁ~・・・

バビ爺)わかったよ! すきにして!!いいからww それと、ハニー号に無線機の電源も確保してほしいいのよ!SW付で!


マロ)問題なし! 一気にやっちゃいましょう!

こんな会話があり、眉毛LEDを購入する事に!  眉毛LEDとは?? 
詳しくは ⇒ こちら

ヤフオクをチェックすると、眉毛LEDの元が品薄です! こりゃマロMAX用の予備も購入しておいた方がよさそう!
ってな訳で、ハニー号用とマロMAXの予備分を購入! 
数日後届きました!

IMG_9677 (640x480)

中身をチェックすると コレ コレですよ! 眉毛LEDのモト!ww
こんなテープLEDどこでも売ってるじゃない!!っと思う方いますよね!!
これが、なかなか無いんですよ! 防水仕様でLEDチップが側面発光でテープ色が白
LEDの正面発光でテープ色が白以外ならたくさんあるのですが・・・
LEDは、光の指向性があるので側面発光がマロ的にはコダワリだったりします! (っま 見た目明るくなるだけですが!)

IMG_9678 (640x480)

早速 12Vで 光らせてみましょう
おや? 今回購入したLEDの方が明るくなっています! しかも 均一に発光しています!
けど、チョッピリ青いような・・・ けど 白なんでOK牧場!  (上部今回購入のLED 下部前回のLED在庫)

IMG_9680 (640x480)

更にチェック! LEDのチップの大きさがNEWタイプの方が大きくなったようです! 
けど SMTが雑になったような感じです。 (SMT 表面半田実装)   (上部旧タイプ 下部新タイプ)

IMG_9685 (640x480)

配線のチェックも・・・収縮チューブが黒から白になったみたいです。けど、チューブが短いぞ!
コスト削減か!!!

IMG_9684 (640x480) 

もう一度点灯させてみましょう! NEWタイプの方が、チョイ青っぽい白なのでかっちょえーかも!ww
5年程使っているからソロソロ交換してもいい時期だけど壊れていないからそのまま使うかな! 

IMG_9697 (640x480)

さて、ソロソロ前加工スタート!! 赤黒配線を短くカットします

IMG_9700 (640x480)

そして 銅線をだします シャープペンの芯より細い線!ww 0.25mmくらいでしょうか!
この線だと細すぎてバイクに取付け不可能です!

IMG_9702 (640x480)  

取付する時のギボシ端子と比較してみましょう! 銅線をギボシ端子にカシメル事が出来ない細さなんです!

IMG_9699 (640x480)

この状態から、ギボシ端子でカシメられる太さの線にするのが前加工なんです!
短くした配線に予備ハンダをして・・・

IMG_9703 (640x480)

銅線の太い エーモンのコードも同様にカットして予備ハンダをします

IMG_9705 (640x480) 

LEDの線とエーモンの線を半田します そして電気用の絶縁ボンドをつけます。

IMG_9708 (640x480)

後、収縮チューブで再度絶縁+保護します。

IMG_9707 (640x480)

いい感じにできました

IMG_9714 (640x480)

ついでに、分岐配線も作っておきましょう!

IMG_9715 (640x480)

これで、準備完了! この作業を当日外でやるのはきついので屋内で前加工なんです!

後、ハニー号に眉毛LED取付完了!

詳しくは ⇒ こちら 

さてさて・・・次回は、バビ爺号に、ストロボでも内緒で付けちゃおうかな!ww  ( *´艸`)
それか・・・石焼き芋屋のテープレコーダーとスピーカーとか!ww

くだらない事を想像して楽しんでいるマロ爺でした ( *´艸`)
  1. カスタム
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

ヘルメットワイヤーバージョンアップ

マロ爺のヘルメットには、特別なワイヤーを取付けています。
そのワイヤーは、コレです。数年使ってこの状態です。チョッピリよれてきてますね・・・
このチョッピリよれてきているのが、気になりまして・・・今回バージョンアップする事に。

IMG_9266 (640x480)

じつは、このワイヤーのバージョンアップは、3回目・・・イヤイヤ・・・4回目かな?数年毎のバージョンアップで、
使えなくなったから交換ではなく、品質向上のバージョンアップなんです!
さて、このワイヤーをどの様に使っているのでしょう??? 答えは、バイクのメットホルダーに掛けるだけ!
純正のワイヤーロックは、太すぎて使いずらいし、椅子のロックがかからない事もしばしば。。。これ意味あるのか??

ヘルメットワイヤー04 (579x301) 

TMAX購入時に付属でついてきたが・・・3回程使ってお終いです! 
しかし、この使いものにならないワイヤーロック 4HC-21398-00は、約2000円もする 高級ワイヤーだったりもします!
また、使いものにならないと思う方が他にもいるようで、このワイヤーを使わないでメットを直接車両に掛ける
こんな金具まで売っています 1個 1000円前後程です。2個金具を購入すれば、2個ヘルメットを掛けることが出来ます。

ヘルメットワイヤー08 (640x203)

マロは、このフックを購入しないでヘルメットにワイヤーを直接取り付けて車両についている既存のフックに掛けるように
しています!理由は、スロットルなどにもかけられるし便利だからです。

IMG_9572 (640x480) 

さてさて、今回のバージョンアップの内容ですが、ワイヤー径を太くして 寄れないようにするのと、
サーキュラースリーブを大きくする 2点の変更です! つまり、全交換!ww ( *´艸`)

IMG_9262 (640x480)

適当にワイヤーをカットして、サーキュラースリーブにワイヤーを突っ込んで固定してみます!
問題なく 固定できました! 因みに、真ん中のスリーブは、ワイヤーを突っ込んだ後 ハンマー等で潰して使うタイプです。
サーキュラースリーブは、ワイヤーを突っ込んだ後、付属のレンチで、芋ネジを使い3点止めします!
見た目は、サーキュラースリーブの方がいいですね! 強度的には、どちらも問題なく使えます

IMG_9264 (640x480) 

使える事が分かったので、早速ヘルメットに取付します。旧タイプもそのままつけておきます!
太く、大きくなったので、問題があったら外して旧タイプを再度使う予定です!

IMG_9267 (640x480)

そして・・・数ヵ月 問題なく使えたので、オニュータイプを使う事にします。

IMG_9573 (480x640)  

因みに、今までのワイヤーは、全部で5種類ww 通常のステンレスワイヤーから始まり・・・
径を太くしたり、ナイロンコートしてあるワイヤーに変えたりと・・・

最終的に今回のワイヤーで変更はないと思われるのでまとめてみます!
ナイロンコートワイヤー 1.5mm コート厚0.5mm ワイヤー径 1.0mmです。(7X7)
ナイロンコートしてあると、酸化もしないし、ワイヤーが、肌に接触しても冷たくありませんので!ナイロンがおススメです。

IMG_9615 (640x480)

因みに 7X7 とは??? こんな意味です! 7本の1組のワイヤーが、7本で編みこんであるという意味です。
この表以外にも沢山種類があります!
7X7で、マロの知っているワイヤーの太さも 0.27mm~始まり1.5mmまでで、13種類あります。
イロイロ調べてみるとおもしろいかも!

ヘルメットワイヤー02 (637x140) 
ワイヤーを拡大するとこんな感じです。

ヘルメットワイヤー01 (260x246)

因みに、7X7 と、7X19 で、同じ太さ1mmのワイヤーがあります。イメージ的には、7X19の方が強度がありそうですが
実際は・・・

7X7  切断荷重 80Kg

7X19  切断荷重 75Kg


7X7の方が、強度があります。 この切断荷重は、シングル使用なので、W仕様だともっと強度が上がります。
だいたい、ヘルメットは、80Kgもないし!! 余裕ですね!
(ワイヤーの太さは、4mmで、トンレベルの切断荷重になります)

次にスリーブですが、マロは、サーキュラースリーブ P-1978です。(BYP-15C)

サーキュラースリーブ01 (604x640)

固定は、こんな感じです

IMG_9620 (640x480) 

ワイヤーは、ナイロンコート 1.5φ (ワイヤー径1mm)
サーキュラースリーブ P1978 (BYP-12C)


このセットで完璧だと思います。

ワイヤーカットには、専用工具が必要です! ホームセンターで必要な長さにカットしてくれば工具はいりませんね。

IMG_9610 (640x480) 

バージョンアップ前のワイヤー記事 → こちら

このアイデアは、ホームセンターを徘徊している時 このような 吊りワイヤーをみて思いつきました!
もともとは、油絵を吊ったり、照明を吊ったり、鳥籠をつったりするのに使うらしいです!

ヘルメットワイヤー03 (501x196) 

アイデアを探しに・・・ホームセンタでも徘徊してくるかな! Orz...


  1. カスタム
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

まさかの無線機用アイデアコード作製失敗?

年末に、バビ爺さんのVR動作確認の為の治具コードをつくったのですが、そのコードが、まさかの便利グッズになってしまった!
詳しくは → こちら

そして、ソロソロ皆さんにコードを渡す日が近づいてきたので、再度チェックをする事に!
当日、物を渡して、音が聞こえないなど、問題があってはいけないので!
しかも クレーマー爺の集いですから、失敗作をを渡したら何を言われるか!ww

そんな訳で物を用意して・・・確認!

IMG_9567 (640x480)

前回は、ステレオのヘッドホーンアウトを使い確認したが、今回は、SDプレヤーを使って確認 本番は携帯で利用ですから
本番に近い感じの確認となります。
ならば、iPhone使えよ!! って、撮影用に使っているので・・・こんな感じに!ww
デジカメ使えばいいじゃねーか!! それは、めんどくさくて・・・Orz...
前回のチェックはこんな感じでしたが・・・

IMG_9324 (640x480) 

SDプレヤーを再生すると、ヘルメットから音楽が聞こえてきています  問題なしかな!!
前回もこんな確認の仕方だったので、今回は、室内でヘルメットをかぶり音をきくことに!! すると!
まさかの!!  なんだ??!! この音は??? 
音は、聞こえているが、納得のいかない変な音だぞ???

前回と同じようにステレオヘッドホーンも用意して確認 ヘッドホーンだと問題ないぞ! あれ?なんじゃろ?

IMG_9564 (640x480)

イロイロ確認すると・・・位相が・・・おかしい事に気がつく!

IMG_9580 (640x480)

ところで 位相って??? っま電気の難しい話はぬきにして・・・
今回のケーブルは、単純に下記図のように、DIN5Pのコネクターとホーンプラグをシールド線でつなぐだけなんですけど・・
青色の矢印3本を半田するだけ!

無線機変換ホーンジャック03 (640x242) 

しかし、この3本の線で、ステレオの音声がヘッドフォーンで楽しめるって不思議じゃありませんか?
そんな事 皆さん考えたこともないですかねぇ~・・・

普通のステレオとかで考えてみてください!!
ステレオアンプの裏側には、スピーカーにつなぐ赤2個 黒2個の端子が!

無線機変換ホーンジャック04

そして、スピーカーの後ろにも 赤と黒の端子が左右1セット 合計4本の線ですよね・・・
なぜ、ヘッドホーンは、3本の線でステレオが楽しめるのか???
っま、興味を持たれた方は、平衡回路または、バランス回路、不平衡回路など調べてみてください!
ここで、説明すると・・・電気爺の発作が始まったと言われそうなので・・・  (ノД`)・゜・。

無線機変換ホーンジャック05

けど、またまた 同じイラストがでてきますが・・・プラグとソケットを3本の線でつなぐだけで、イロイロな言葉が
出てきていますが、この言葉の多さが、電気を難しくさせているような感じがしました!
例えば、この図で出てくる LeftSpeker、Tip、L、左チャンネル、正相、Hotって、全て同じ意味なんですよ!
1ヶ所の場所で、6通りの言い方があるって!これが、電気を難しいイメージにしているような・・・
そんな事を今更考えてしまった マロ爺であった Orz...
因みに、ステレオのホーン出力 接地をヘッドフォンのRに同じくステレオのホーン出力の正相か、逆相をGNDかTIPに
つなげると、2本の線でヘッドフォンの左右のスピーカーから音を出すことが出来ます!
っま、よいこの皆さんはマネをしないように! ステレオサウンドでもモノナルサウンドでもない謎の音がききたければ
遊んでみてください!ww ( *´艸`)

無線機変換ホーンジャック03 (640x242) 
まぁ~ 原因がわかったので 修理する事に・・・

IMG_9581 (640x480) 

線材を1センチ程カットして、半田をやり直して修正完了!

IMG_9557 (640x480)

これで、全部終わったぜ!ww 確認して良かった!ww おじ様たちにせめられるところだったぜ!ww( *´艸`)

IMG_9561 (640x480) 

さてさて、爺は、ニコチンでも吸収して寝るかな!
 (^。^)y-.。o○ 

  1. カスタム
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

タイヤ交換の後は、無線機用アンプの改造とメンテ

スピードスターでタイヤ交換後は、お次のお店へ移動! 世田谷ついでに!  
タイヤ交換詳しくは → こちら

けいそくせいぎょです。

IMG_9219 (640x480)

さてさて・・・何しにきたかと言いますと
マロMAXには、無線機用のアンプを搭載しているのですが、最近調子が悪くて・・・
搭載したのが、昨年の4月でまだ1年経っていないのにぃ~・・・(ノД`)・゜・。  
搭載した時の詳細 ⇒ こちら

調子の悪い内容ですが、音量調節のボリュームがガリっていまして、突然音声が出なくなったり、でたりと・・・
そんな訳で、VR交換と対策なんです!

このアンプは、マロMAXのグローブBOXに収納されているのですが・・・
普通、水の侵入もなくバッチリなんですが・・・

IMG_9455 (640x480) 

自宅帰還後は、常時このように BOXから、コードが、1本飛び出しております
その理由は、充電コードだからです! 自宅駐車中は、オートでバッテリーを充電しているのです。
よって、5年以上バッテリー交換なしでした!! 昨年交換しましたが!ww

ってな訳で、バイクにカバーをしていても、AMPは、結露や、濡れる可能性があるのです。
それを防止するために対策を!!っという訳でけいそくせいぎょにきました。
っま、簡単に言いますと、AMPを取外しできるようにカプラーをつける作業です。

IMG_9457 (640x480)

難しい作業ではないので、マロが、自分でやってもいいのですが、寒いし、めんどくさいし・・・VRの交換もある訳で!
お店にお任せ!!っという訳です。それでは、バラシ作業です!
勿論、マロもお手伝いします! フロントマスクを外すと・・・いつものモジャモジャ!

IMG_9218 (640x480)

数ヵ月前に、一部キレイにしたのですが・・・まだまだモジャモジャです!
グローブBOXの上にある無線機とAMPのコードが見えてきました!

IMG_9217 (640x480)

チャチャット作業をすませて、終了! って、10時半〜19時頃までいたような!ww Orz...
ボリュームは、残念な事に在庫がなく交換できませんでした。  連絡待ちという事で・・・終了

さてさて、対策後のAMPにオメカシする事に!ww こんなボリュームを電子パーツ屋でかっておきました!

IMG_9441 (640x480)

対策した AMPは、部屋に持ち込みできます! これで、結露や水濡れの心配がなくなりました。

IMG_9443 (640x480)

さてさて、ツマミを交換して! ジャジャーン! いいですねぇ~  (自己満足)

IMG_9448 (640x480)

AMPもこんな感じで、持ち運びらくちん!! って、持ち運びしないけど! 自宅駐車中は、安心です

IMG_9442 (640x480)

バイクとの接続はこんな感じに 白いプラグ2本でぬきさしが出来ます
片側が、電源12V もう片側が、信号線です。

IMG_9459 (640x480)  

使わない時は、こちらのショートPINを挿しておけば、AMP抜きで通常運営もできます!

IMG_9462 (640x480) 

このシステムのAMP部の工事でした!
有線接続も、青歯無線(インカム B+COM)も、アマチュア無線も全てOKです。
FM放送、AM放送、音楽再生、ナビ、アマチュア無線、携帯通話、レーダー情報全て マルチで通信や視聴が可能です。


MUSES03オーディオAMP  (640x338)  
AMPは、イコラーザーみたいなものです! 高音、低音を任意の音質にして楽しみます。

そして、AMPが取り外せる状態になったので、VR交換を自分でしようかなぁ~って思い中をみてみると・・・

IMG_9465 (640x480)

この基板2種類とトランス2個・・・一部改造している各種抵抗やコンデンサー・・・外した部品など・・・
マロ爺は、元の回路構成や購入ルートや原価が分かってしまった瞬間でもあった Orz...

VRの交換は、ケースに基板をちょくずけしているので、お店にお任せする事に・・・

IMG_9282 (640x480)   

VR交換の連絡は、いつくるのかなぁ~・・・爺は冬眠しながらまつのであった。


  1. カスタム
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

レインボーLED工作

無線機用の特殊ケーブルをつくる為、不足部品を購入しにパーツ屋さんへ行ったマロ爺  

無線機用特殊ケーブル → 
こちら

不足部品は、無事購入したのですが・・・やはりパーツ屋に来てしまうとワクワクモードになり・・・
余計なものを買ってしまうマロ爺癖・・・Orz...!ww

購入する物は、プラグ、ソケット各種、ケーブル、収縮チューブだけだったのですが・・・
LEDとブラケットを買ってしまった!ww 数百円余計なお買い物です!

 IMG_9396 (640x480)

こんな物買って如何するの?って感じですよね! 点灯させるとこんな感じなんですが・・・
写真だとこのLEDの面白さが伝わらなくて・・・残念 Orz... 写真中央の 2個のLED)

IMG_9372 (640x480) 

発光LEDは、いつもブラケット付の完成品を買ってるのですが、今回は、バラバラで組立品を買った訳で・・・
けど、この完成品 1個 265円もするんですよ!! 色は、赤、黄、緑の3色の単色発光で!!
しかし、今回は、バラバラの組立品なので、半額程!ww ( ゚Д゚) しかも・・・(・∀・)ニヤニヤ

IMG_9402 (640x480)

このLEDは、バイク用の防水SWを作ったり、電源フィルター回路を作ったりする時に使っていたのですが・・・
最近 飽きてしまって・・・

フィルター回路詳しくは → こちら
防水スイッチ詳しくは → 
こちら

さて、何が飽きたかというと・・・単色で点灯しているのがつまらなくて・・・!ww
実際は、車載カメラ用の電源SWに使っているのですが・・・

IMG_9433 (640x480)

勿論、カメラは、内蔵バッテリーで動作するのですが、宿泊ツーや長距離ツー、寒冷地へのツーリングの場合バッテリーが
もちません そんな時に USB 5V電源のキャップを外して

IMG_9435 (640x480)

カメラに、電源供給! そして、この防水SWは、USB電源5Vの供給のON OFF用として使っています。
バイク用のUSB機器は、バイクに取付けると、エンジンONで永遠と12VからUSB用の5Vをつくり続けてしまう
なぜ、バイク用USB機器はSWがついてないのか不思議です。常時USB機器を使うのならば、いいのですが、使わない時は、
USB機器もOFFにして、バイクの電気もエコしなくちゃです! そして、USB機器、車載カメラ共に防水仕様なのですが、
USB機器に関しては、カバーしている時のみ防水で使用中は防水になっていないので、突然の雨の時などに強制的に電源をOFF
にして、漏電やショートを防ぐ為にSWをつけているのです。

IMG_9434 (480x640)

さてさて、話がそれてしまったので本題へ!! この防水SWをつくる時に、単色発光のLEDに仕掛けを作ってチョッピリ遊んで
みようかと思ったのですが・・・SWのケースを小さくしすぎた為 部品を入れるスペースがなくあきらめていました。
その遊びとは・・・
1秒間隔に点滅、カラフルに点滅、不規則に点灯などなど、オリジナルSWだからこそ 遊びを入れたいなぁ~なんて思ってました。

しかし、点滅させるだけでも、このような電子部品を入れないといけません スペースが・・・(ヾノ・∀・`)ナイナイ !!
同じ大きさのICで、LEDを蠟燭のように光らせる事もできるICもあります。

LED制御06 (437x257)


ならば、ランダムに光らせる! すると・・・こんな部品を入れる事に! こちらは、PICマイコンと呼ばれるもので、
自分でプログラムを組んでマイコンに覚えさせるという物!

LED制御07 (378x248) 
マイコンに記録させるには、こんな機器がありまして、パソコンとつないでマイコンに記憶させるだけです
写真中央の機械の黒い部分にマイコンを挿してプログラムをいれるのです。

LED制御08 (638x477)

っま、どれにせよ スペースに問題があってあきらめてました。ならばこんなLEDにすれば・・・とも考えたのですが・・・
LEDの足が、通常2本のところ 4本あるこいつ・・・

LED制御03 (349x255)

光らせると・・・ カラフルに!! しかし、このLEDですら・・・スペースが!!

LED制御04 (635x475)

ってな訳で、爺は素直にあきらめていたのですが・・見つけちゃったのよ! 遊びLEDを!
そいつが、今回購入した マイコン内蔵LEDです!

IMG_9396 (640x480) 

とにかく、このLEDをバイクで使えるように防水加工と12Vで使えるように改造します!
バイクの12VにこのLEDをつけたら 一瞬で爆発するか、燃えてしまうので!ww ( ゚Д゚)
それでは、
爺の老眼アイテムを用意して、作業開始!!

IMG_9394 (640x480)

白いプラスチックに電気用絶縁シール材を注入!

IMG_9397 (640x480)

そして、ブラケットとLEDを合体!! これで、LEDの足や機器内部に水の侵入がなくなり 防水LEDとなる訳です!

IMG_9399 (640x480)

そして、保護の為収縮チューブを被せます! これで、防水工事終了! (・ω・)ノ

IMG_9400 (640x480)

お次は、12Vで点灯できるように改造です 通常は、抵抗を入れるのですが、マロ爺は、定電流ダイオードと保護用ダイオードの
2種類を発光ダイオードに取付けます! ダイオード3種類でバイクで使えるようにします!

IMG_9403 (640x480)

部品は、個々の部材に直接つけます! スペース確保のため! 見た目は、同じような部品ですが、全く違う物なんです!

IMG_9405 (640x480)

そして、またまた 保護します!

IMG_9407 (640x480)

最後に部品全部をチューブで保護します! 完成!! この状態で、バイクの12Vで使えるようになります!
バッテリーに直接取り付けても 光りますよ!ww (・ω・)ノ

IMG_9409 (640x480)

さぁ~ 点灯させてみましょう! バイクと同じ 12Vを乾電池で再現して!! 光ってますよ! ムフフ・・・( ゚Д゚)

IMG_9408 (640x480)

オイオイ! マロ爺!! この写真だと何も変わってないじゃないか!! 何が遊びだ!! っという訳で
今回は、動画をアップしてみます!



レインボーに不規則に点滅しています! うひひひ〜 爺は、こんな物を作って満足しているのであった!ww
近日LEDの交換でもするかなぁ~!! ← ヤンキー爺か? 光物大好き変態爺か? (謎)

在庫してある SWから交換しようかなぁ~・・・

IMG_9438 (640x480) 

自己満足 爺のひとり言でした! <m(__)m>


  1. カスタム
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

 

プロフィール

マロ

Author:マロ
TMAXと親父の生活!
更新は適当 記事も適当!
だって おやじだからww

親父のブログ カウンターw

親父ブログ ノゾキ ナウw

現在の閲覧者数:

Blogランキング

日本ブログ村へ

日本ブログ村 ビックスクター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。